ブロッコリーに似ている野菜は?カリッコリー(ロマネスコ)、アレッタなど!

ブロッコリーに似ている野菜は何がある?アレンジ料理は?

と気になっている方

今回は
ブロッコリーに似ている

・カリッコリー(ロマネスコ)
・アレッタ
・スティックセニョール

の概要とアレンジ料理について調査しました。

最近インスタ等で見かける【カリッコリー(ロマネスコ)】【アレッタ】【スティックセニョール】
食べかたや栄養素など、生産者の公式サイトや口こみ、野菜辞典などをもとにまとめてみたので参考にしてみて下さい。

ブロッコリーに似ている野菜は何がある?

スーパーでよく見かかる【ブロッコリー】アメリカでは子供の嫌いな野菜で常に上位に上がる野菜です。
このブロッコリーは【アブラナ科アブラナ属】の緑黄色野菜で、イタリアでキャベツを品種改良され現在の姿になりました。

ブロッコリーにはビタミンB、ビタミンCやカロチンと鉄分を多く含みとても体に良い野菜です。

このブロッコリーに似ている野菜で

・カリッコリー(ロマネスコ)
・アレッタ
・スティックセニョール

があり、この野菜について詳しく解説します。

カリッコリー(ロマネスコ)

 

この投稿をInstagramで見る

 

mamikimura(@mami_nanak)がシェアした投稿


最近スーパーでも見かけることがあるカリッコリー。
カリッコリーとは『カリフラワー』+『ブロッコリー』を文字って『カリッコリー』になったと言われています。(※所説あり)
他にも『カリブロ』や『サンゴ焦』とも呼ばれています。

正式名称は『ロマネスコ』と言い、16世紀ころにイタリアで栽培され始めたといわれています。
しかし、同時期にドイツでも栽培されていたので、正確にはそちらが発祥かハッキリとはわかっていません。

さらに、【ブロッコリー】と【カリフラワー】を掛け合わせて作られたといわれていますが、ブロッコリーは古代ローマで食用とされていましたが、ヨーロッパに普及されたのは17世紀ごろと言われているので実際は【ブロッコリー】と【カリフラワー】の先祖かどうかもわかっていません。

・味覚
少し歯ごたえがあり、火を通すとホクホクして甘味があります。
ブロッコリーとカリフラワーの間な感じですが、どちらかと言えばカリフラワー寄りになります。
・栄養価(1株約95g)
カリッコリーにはビタミンC、Eとβカロチン、鉄、食物繊維などバランスよく含まれて
います。
中でも、ビタミンCは他の野菜よりも群を抜いて、レモン1個分の果汁と同等のビタミンが含まれています。
・収穫時期
12月から2月
・原産地
イタリア(所説あり)

アレッタ

名前から見るとヨーロッパ辺りで栽培されていそうですが、実は平成23年に三重県の株式会社コナスという会社で品種改良され誕生しました。

・株式会社コナス公式サイト↓
http://www.e-broccoli.co.jp/itemlistkosei.html

ブロッコリーとケールの掛け合わせで、見た目はどちらかというと菜の花に似ています。
茎や葉が少し長めで、上の所にブロッコリーの名残のつぼみがある感じです。

茎もつぼみも全部食べられて、先祖にケールが入っていますがそこまで苦味は感じられません。

・味覚
適度に歯ざわりがあり、ほんのりと甘味もあります。
茎は菜の花よりもしっかりしています。
・栄養価
アレッタにはビタミンCやカロチン、葉酸、ミネラルが多く含まれています。
特にカロチンが多く含まれており、茎はブロッコリーの3倍、葉にはなんと9倍ものカロチンが含まれています。
カロチンが多く含まれているので高い抗酸化作用があり、葉酸も含まれているので女性にはうれしい野菜です。
・収穫時期
2月から4月
・原産地
日本

スティックセニョール

スティックセニョールを初めて耳にする人も多いかと思いますが、実はこれも日本の種苗会社サカタのタネがブロッコリーと芥藍(カイラン)を掛け合わせて作った品種になります。
(※芥藍とは中国原産の野菜で、またの名を【チャイニーズケール】とも言います。
元々は地中海で栽培されていましたが、中国の土地に合わせて品種改良された野菜になります。)

・サカタのタネ公式サイト↓
https://www.sakataseed.co.jp/product/search/code000216.html

初めは日本で【ブロッコリー二】という名前で発売されましたが、全く売れずアメリカに輸出し【スティックセニョール】と名前を変えて売り出したところアメリカでウケて、日本に逆輸入されました。

・味覚
茎の部分はアスパラガスのようなコリっとした触感で、甘みも感じます。
どちらかと言えばアスパラに近く、ブロッコリーのような青臭さはありません。
・栄養価
上記の野菜同様にビタミンやミネラルが豊富で、疲労回復に効果があります。
食物繊維も豊富なので整腸効果があります。
さらに、スティックセニョールには【スルフォラファン】が豊富で、この【スルフォラファン】には、体内の解毒酵素や抗酸化酵素の生成を促進し、解毒作用もありガン予防にもなります。
ただし、この【スルフォラファン】には取りすぎると甲状腺機能低下を引き起こしてしまう可能性があるので、取りすぎには注意してください。
・収穫時期
通年(秋から冬が最盛期)
・原産地
日本


ブロッコリーに似ている野菜を使ったアレンジ料理は?

【カリッコリー】【アレッタ】【スティックセニョール】の祖先はブロッコリーなので火を通して食べて下さい。ただし、アレッタは生のままでも食べられますが火を通した方がおいしです。

茹でてマヨネーズや塩などで食べても美味しいですが、ここでは一工夫したアレンジ料理を紹介します。

カリッコリー(ロマネスコ)

ブロッコリーやカリフラワーと同じように茹でる、煮る、炒めるなど火を通して食べます。
この変わった形状を利用して茹でて付け合わせにしたり、シンプルにサラダに入れたりしたら見た目も良いです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

那須 香(@food.balance.lab)がシェアした投稿

さらに、

・ベーコン・玉ねぎを炒める
・生クリームを入れて塩、胡椒、お好みでコンソメで味を調える
・パスタとロマネスコを絡める。

簡単クリームパスタに入れても良いと思います。

アレッタ

アレッタも焼く、煮る、炒める、蒸すなどで食べることが出来ます。
菜の花より茎は硬いので、しっかり火を通してください。

アレッタと鶏肉の中華丼にするとおいしいと思います。

さらに、

・オリーブオイル
・ニンニク(包丁で潰しておく又はスライスでも可)
・鷹の爪

を入れ火にかけて、オリーブオイルにニンニクの風味がついたら洗ったアレッタの茎の部分を先に入れ、
しんなりしたら葉の部分を入れる。

塩で味を調えたらアレッタのアーリオオーリオの出来上がり。

ケールの苦味が少し残っているので、アーリオオーリオで食べるとおいしいと思います。
お好みでベーコン・揚げ茄子・エリンギなど入れてもいいと思います。

スティックセニョール

長さがあるので、太巻きやキンパに巻いて食べると良いと思います。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ringo(@iy27.y)がシェアした投稿

さらに、長さを活かしスティックセニョールに

・豚バラを巻く
・塩、胡椒して焼く

スティックセニョールの肉巻きにしてもいいと思います。
スティックセニョールは火が入りやすいので焼きすぎに注意してください。

まとめ

今回は

ブロッコリーに似ている野菜は何がある?
ブロッコリーに似ている野菜を使ったアレンジ料理は?

について調査しました。
以下が結果になります。

・ブロッコリーに似ている野菜は【ロマネスコ】【アレッタ】【スティックセニョール】があります。
・ポテトサラダやパスタ、巻物などにすると良いです。

ブロッコリーから派生した野菜で、見た目も良い【ロマネスコ】【アレッタ】【スティックセニョール】
栄養価も満点で、あまり市場には出ていないので見かけたら一度試してみるのもいいかと思います。

以上最後まで閲覧ありがとうございます。

ブロッコリーに似ている野菜は?カリッコリー(ロマネスコ)、アレッタなど!
最新情報をチェックしよう!